3.9(土)より大阪シアターセブンにて追加上映決定

  • 中田圭祐

  • 大原優乃

  • 岐洲匠

  • 中沢元紀

  • 三原羽衣

  • 細山田隆人

  • 川連廣明

  • 國島直希

  • 大崎捺希

  • 内木志

  • 杉本愛莉鈴

  • 大河原爽介

  • 松藤史恩

  • 高梨螢 / 日高里緒

  • 依田 哲哉

  • 苗村大祐

  • 木村知貴 / 池津祥子 / 山口香緖里

  • 監督:神村友征

モノクロだった僕の日々が、
変わりだす。

過去の大きな後悔を抱える
身寄りのない1人の大学生が
ある日求人募集で見つけた
「家族代行サービス」。

本作品は
「家族代行サービス」を通じて
“家族”とは何か、
友人とは何か、
大切な人との絆とは、という
多くの人にとって
身近で根源的なテーマに迫り、

過去の罪と向き合い、
そこから一歩踏み出す
主人公を描き出します。

Story

「家族ってさ・・結局何なんだろうな・・」

都内で一人暮らしする瀬野修太は、大学とアルバイト先を往復する鬱屈とした日々の中にいた。
そんなある日「家族代行サービス」という仕事を知り、その報酬に惹かれて依頼を受ける。

依頼家族の母、安本恵子から提示された条件は「本当の家族の様に振る舞うこと」
「家族の前で仕事の話はしないこと」と言う奇妙なものだった。
異様な仕事内容に疑問を抱きながらも、修太は依頼を受け続ける。

過去のトラウマから、周囲との深い関係を避け続けていたものの
友人 藤宮誠の存在や、園田美鈴との出会いも重なり、修太の日常は少しずつ変化していく。

そして安本家での仕事を通し、本当の“家族”という存在を知り始める修太だったが
ある出来事をきっかけに、安本家の真の目的を知ることとなる…。

血縁関係こそが本当に“家族”を定義するものなのか。
あなたは本当に「家族の一員」ですか—?

Schedule

『さよならモノトーン』上映劇場の追加が決定!

この度、映画『さよならモノトーン』上映劇場の追加が決定いたしました!
ぜひこの機会にご覧ください。

【追加上映劇場】
◆2024年3/9日(土)~3/15(金)
大阪:シアターセブン
https://www.theater-seven.com/itiran.html

Cast

  • 瀬野修太/中田圭祐

    人との関わりを避けて生きている大学生。とあるきっかけから家族代行サービスを始める。

    Profile

    1995年11月27日、神奈川県出身。雑誌「MEN’S NON-NO」専属モデルとして活躍しながら、2016年に俳優デビュー。その後もドラマ・映画の出演など幅広く活躍。本作は映画初主演となる。
    主な出演作に『花のち晴れ~花男 Next Season~』(18/TBS)、『あの頃、君を追いかけた』(18/長谷川康夫監督)、『らせんの迷宮〜DNA 科学捜査〜』(21TX)、『シグナル100』(20/竹葉リサ監督)『耳をすませば』(22/平川雄一朗監督)、『僕らのミクロな終末』(23/ABC)など。

    Comment

    オーディションの結果を聞いた時はとても嬉しかったです。初主演ということで緊張や不安もありますが、現場の皆さんと力を合わせて素敵な作品を作りたいなと思います。
    本作品は「家族」をテーマとしていますが、家族の大切さを再確認させてもらえます。
    同時に、自分が今後親になっていく時にどうあるべきなのか考えさせられます。
    家族愛って無償の愛、見返りを求めない愛の形、すごく美しいものだなと思います。
    修太の気持ちをたくさん考え、感じて僕なりの修太を演じ切りたいと思います。
    皆さんのお芝居をしっかりと受けることを大事にしたいです。

  • 園田美鈴/大原優乃

    修太と同じ大学に通う学生。修太を自分と重ね、支える存在となる。

    Profile

    1999年10月8日、鹿児島県出身。2009年にDream5としてCDデビュー。2014年の「ようかい体操第一」が大ヒットし社会現象に、同年のレコード大賞・紅白歌合戦にも出場を果たす。
    現在はグラビアアイドルとして活動しながら、女優としても活躍の場を広げている。
    主な出演作に『ゆるキャン△』(20/TX)、『あせとせっけん』(22/MBS)「-50kgのシンデレラ」(22/ TBS)など人気作が多数。

    Comment

    オーディションを受け終えてから、美鈴という役がずっと離れないくらい、生きてみたいと願っていた役だったので、光栄に思います。何があったとしても、瀬野くんを信じていたいです。その気持ちさえブレなければ、美鈴として生きられる気がしています。撮影はこれからですが、主演の中田さんを微力ながら少しでも支えられるよう、自分の役割を果たしたいと思います。

  • 安本悠介/岐洲匠

    修太が働く家族代行サービス、依頼主家族の長男。

    Profile

    1997年4月13日、愛知県出身。第27回「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で明色美顔ボーイ賞を受賞した後、『宇宙戦隊キュウレンジャー』のラッキー / シシレッド役で、ドラマ初出演にして初主演を果たした。その後も映画・舞台等で活躍中。
    主な出演作に『アンラッキーガール』(21/YTV)、『七人の秘書 THE MOVIE』(22/田村直己監督)、「エン*ゲキ#06 即興音楽舞踏劇『砂の城』(22/作・演出:池田純矢)ミュージカル『るろうに剣心京都編』(22/演出:小池修一郎)など。

    Comment

    誰にでも家族がいて、表向きでは普通に見えているけど、闇や苦しみを抱えてる人は沢山いる。非日常的な事でも、人によっては日常的な事もある。台本を読んで、そんな無さそうでありそうな生々しい作品になると感じました。僕の演じる安本悠介は口数少ない謎の多い男ですが、この物語には必要不可欠な存在なので、この役を大切に演じていけるよう、緊張感をもって作品に向き合っていきたいと思っています。まだ経験した事のない新しい挑戦ができるので楽しみです!

  • 安本恵子/山口香緖里

    修太が働く家族代行サービス、依頼主家族の母親。

    Profile

    1974年8月22日、愛知県出身。1993年テレビ朝日ドラマ「愛してるよ!」に出演。1998年テレビ朝日「プリティモンキー」では主演を務めた。
    主な出演作に『大奥 第一章』(04/CX)、『大奥~華の乱~』(05/CX)、『極楽がんぼ』(14/CX)、『警視庁・捜査一課長』(16/EX)、近年では『水は海に向かって流れる』(23/前田哲監督)、『ばらかもん』(23/CX)など。

    Comment

    私自身、母親を演じることが多くなり、この作品のテーマでもある「家族」や、「母親」という存在について深く考えることが増えました。そんな中、今までにない「母親役」を演じることはとても光栄ですし、今から楽しみです。家族とは…一つとして同じものはない。この映画の家族を通して、人との繋がりや自分について考え、観てくださる方が今より一歩でも前進するきっかけになる作品を監督、共演者、スタッフの皆さんと創っていきたいです。

  • 安本良一/木村知貴

    修太が働く家族代行サービス、依頼主家族の父親。

    Profile

    1978年8月31日、秋田県出身。自主・商業の枠に捉われず、映画を中心に活動。
    近年の主な出演映画に、『裸足で鳴らしてみせろ』(21/工藤梨穂監督)、『マニアック・ドライバー』(22/光武蔵人監督)、『激怒』(22/高橋ヨシキ監督)、『グッドバイ、バッドマガジンズ』 (22/横山翔一 監督)、『Bridal, my Song』(22/ 板橋基之監督)、『窓辺にて』(22/今泉力哉監督)、『ケイコ 目を澄ませて』(22/三宅唱監督)、『ラーゲリより愛を込めて』(22/瀬々敬久監督)、『はこぶね』(23/大西諒監督)など。

    Comment

    実社会でも家族とはこうあるべきだというマニュアルがないように、本当の所なにが理想的な家族なのか皆手探りで試し失敗もしながら学んでいくんだと思います。
    この映画を通し、自分自身も「家族」というものを改めて考え、何が大切なのか、自分には何が出来るのかを探って行きたいです。

  • 瀬野麻由美/池津祥子

    修太の実の母親。

    Profile

    1969年11月04日、福島県出身。 1990年に舞台「絶妙な関係~Live at秘宝館」で初舞台を踏む。00 年ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」のジェシー役で注目を集め、さまざまな舞台、ドラマで独特の存在感を放つ。
    近年の出演作に、『朝が来る』(20/河瀨直美監督)、『風の電話』(20/諏訪敦彦監督)、『Birdland』(21/演出:松井大悟)、『アイ・アム まきもと』(22/水田伸生監督)、ドラマ『エルピス―希望、あるいは災い―』(22/CX)、『17才の帝国』(22/NHK総合)、『鬼崎叫子の数奇な一生』(22/作・演出:松森モヘー)、『広島ジャンゴ2022』(22/作・演出:蓬莱竜太)、舞台『宝飾時計』(23/作・演出:根本宗子)『ドクター皆川~手術成功5秒前~』(23/作・演出:細川 徹)、『だが、情熱はある』(23/NTV)など。

    Comment

    今作で私は主人公・修太の「問題を抱えた母」を演じます。子供にとって最初に多大な影響を与えるであろう「母」という存在と逃れにくい「家族」という繋がり。家族の問題は密室で生まれ、時間とともにより複雑になっていく様に感じます。この作品で描かれる親子の関係性、そこに至ったそれぞれの背景もしっかり感じながら演じたいと思います。

  • 藤宮誠/中沢元紀

    修太の大学の友人。修太をいつも気にかけている。

    Profile

    2000年2月20日、茨城県出身。2022年にUVERworld『えくぼ』のMVや、ハーゲンダッツジャパン、NTTドコモU30ロング割スペシャルムービーなどに出演し話題に。
    主な出演作に『ナンバMG5』(22/CX)、『沈黙の艦隊』(23/吉野耕平監督)、『埼玉のホスト』(23/TBS)など。

    Comment

    家族や友人など大切な人との絆とは何か。という根源的で身近なテーマなので、沢山の方が共感できる部分がある作品だと思います。演じさせて頂く誠は、友達想いでどんどん周りを巻き込んでいくやつなので、僕自身も楽しんで、その場で生まれるものを大事にしながら演じられればと思います。初映画の現場なので、皆さんと創り上げていく事が今からとても楽しみです。

  • 笹川穂乃果/三原羽衣

    修太らと同じ大学の学生、美鈴の友人。

    Profile

    2002年9月22日、兵庫県出身。SNS累計フォロワー数210万人超のトップインフルエンサー。2020年に第7回日本制服アワードグランプリを受賞、2022年のABEMA TVの人気番組『オオカミちゃんとオオカミくんには騙されない』に出演し話題に。
    2021年より女優、モデルとしても活動の幅を広げている。
    主な出演作に『私がヒモを飼うなんて』(22/TBS)、『犬と屑』(23/MBS)、『イルカはフラダンスを踊るらしい』(23/森⽥亜紀監督)など。

  • 瀬野明生/細山田隆人

    修太の叔父であり、修太が務めるアルバイト先の部長。

    Profile

    1985年5月1日、東京都出身。1989年の映画『ウォータームーン』でデビュー。その後多数の映画・テレビに出演。2000年、15歳で映画『ボクの、おじさん』(東陽一監督)で初主演を果たし、翌年の出演映画『GO』(行定勲監督)では第23回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞。
    その他主な出演作に、「リリィ・シュシュのすべて」(01/岩井俊二監督)「月の砂漠」(01/青山真治監督)、「なごり雪」(02/大林宣彦監督)、テレビでも「危険な関係」(05/THK)、「とと姉ちゃん」(16/NHK)「科捜研の女 season16」(17/EX)「相棒17」(19/EX)、「刑事7人」(19/EX)、『海辺の映画館−キネマの玉手箱』(20/大林宣彦監督)
    など。

  • 小笠原慎二/川連廣明

    修太が務めるアルバイト先の社員。

    Profile

    1977年6月20日、栃木県出身。出演作品200本を超えるバイプレイヤー。
    主な出演作に『るろうに剣心 最終章The Beginning』(21/大友啓史監督)『ドクター・デスの遺産』(20/深川栄洋監督)『天上の花』(22/片嶋一貴監督)『PLAN75』(22/早川千絵監督)など。

  • 横山哲也/國島直希

    修太が務めるアルバイト先の社員。小笠原の部下。

    Profile

    1994年8月1日、岐阜県出身。2013年、第26回『ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』において、グランプリを受賞。翌年、映画『人狼ゲーム BEAST SIDE』にて俳優デビュー。2016年『動物戦隊ジュウオウジャー』で門藤操/ジュウオウザワールドを演じて注目を集める。
    主な出演作に『あの頃、君を追いかけた』(18/長谷川康夫監督)、『SPECサーガ黎明篇「サトリの恋」』(18/堤幸彦監督)、ミュージカル『刀剣乱舞』~花影ゆれる砥水~(23/演出:茅野イサム)など。

  • 辻本拓海/大崎捺希

    修太が務めるアルバイト先のスタッフ。小笠原の部下。

    Profile

    1995年8月4日、熊本県出身。雑誌『FINEBOYS』、『Popteen』などでモデルとして活動。そして俳優としても舞台・ドラマ・映画など活躍の場を広げている。
    主な出演作に『とと姉ちゃん』(16/NHK)、『刀剣乱舞~慈伝 日日の葉よ散るらむ~』(19/演出:末満健一)、『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ』シリーズ(演出:ほさかよう)、銀河劇場プロデュース『ブルーピリオド the Stage』(22/演出:三浦香)など。

  • 寺内唯/内木志

    修太らと同じ大学に通う学生、穂乃果の友人。

    Profile

    1997年4月6日、滋賀県出身。アイドルグループ NMB48の元メンバー。2019年にグループを卒業後、俳優として活躍の場を広げている。
    主な出演作に『アイバノ☆シナリオ』(19/演出:鈴木健之亮) 『信長の野望・大志 ~最終章~ 群雄割拠 関ケ原』(21/演出:久保田唱)、『PARADURE-パラデュール-』(23/演出:竹村晋太郎)など。

  • 中村綾香/杉本愛莉鈴

    修太らと同じ大学に通う学生、穂乃果の友人。

    Profile

    2000年8月4日、広島県出身。2010年から『ニコ☆プチ』専属モデル、2012年からアイドルグループ「さくら学院」にて活動。卒業後、モデル業での活躍を経て現在はグラビアアイドル、女優として幅広く活躍の場を広げている。
    主な出演作に『傷だらけの悪魔』(17/山岸聖太監督)、『お嬢の微妙な冒険』(22/演出:江戸川祟)、『ギルガメッシュFIGHT』(22/Paravi)など。

  • 瀬野修太(14)/大河原爽介

    中学時代の修太。

    Profile

    2008年生まれ。ドラマ・映画・舞台だけでなく、声優も務めるなど幅広く活躍している。
    主な出演作に『ルパンの娘』(19/CX)、『ボディガード』(22/演出:ジョシュア・ベルガッセ)『ひきこもり先生2』(23/NHK)など。待機作としてミュージカル「キャメロット」が2023年10月から日生劇場で上演予定。

  • 壮吾(14)/松藤史恩

    中学時代の修太の親友。

    Profile

    2008年生まれ。ドラマ・映画・CMなど幅広く活躍している。
    主な出演作に「#マンホール」(23/熊切和嘉監督)、『雑魚どもよ、大使を抱け!』(23/足立紳監督)、『瞼の転校生』(23/藤田直哉監督)など。

Trailer

Music

主題歌

久保あおい 「呼吸」

  • 作曲:Tomato Factory
  • 作詞:井上紗矢香
  • 編曲:大西克巳(Blue Bird's Nest)
  • Mix Enginner:山田晋平 

久保あおい

18歳
東京都⾜⽴区出⾝アーティスト
2020年8月、15歳で配信デビューして以来、心に訴えかける楽曲が世代を問わず共感を呼んでいる、現在18歳のアーティスト。
儚く透き通った歌声は、「ヒーリングボイス/泣きたくなったら久保あおい」と称され、心を奪われるシンパが増えている。

2022年3月、自身の実体験をもとに初めて作詞・作曲した「独り言」をリリースした際には、これまでベールに包まれていたビジュアルを解禁、一躍話題となった。
昨年投稿されたSNS動画が500万再生を突破し、人気・実力ともに注目されている期待の新星。
Comment
映画を観て素直に感じた”生きるということ”をテーマに作りました。

人は誰でも”愛されていたい”、”特別な何かでありたい”という想いを持って生きていると思います。
だけど上手くいかなくて、苦しくて、どこか息苦しさも感じている…
本当は誰もが誰かに愛されているのに、ただ知らないフリをしているだけかもしれない。
そんなメッセージを自分に問いながら、歌わせていただきました。
映画を通して、そんな想いも感じてもらえると嬉しいです。

クラウドファンディング 支援者

映画『さよならモノトーン』
10.6(金)より池袋HUMAXシネマズにて公開

Cast&Staff
中田圭祐 大原優乃 
岐洲匠 中沢元紀 三原羽衣
細山田 隆人 川連廣明 
國島直希 大崎捺希 内木志 杉本愛莉鈴
大河原爽介 松藤史恩 / 高梨螢 日高里緒 依田 哲哉 苗村大祐
木村知貴 / 池津祥子 / 山口香緖里

監督・脚本・編集:神村友征
製作:伊藤敬/石塚史典/北森正人
プロデューサー:前田けゑ 原案・脚本:松尾栄佑
撮影:浅津義社 照明:日比野博記
録音:田原勲
美術:最上勝司
整音:黒須友美華
ダビング:浦本和宏
助監督:河野宗彦
スタイリスト:後原利基 ヘアメイク:山田友美
制作担当:大久保貴宏
キャスティング:塩崎さくら/米津隆行
スチール:斎藤弥里/宮本賢一
メイキング:斉藤翔/松崎青/遠山元気
制作主任:山口三平太/小澤勇太
音楽:浦本和宏
押鐘貴之ストリングカルテット
1st Violin:押鐘貴之 2nd Violin:杉山由紀 Viola:増田直子 Cello:笠原あやの
レコーディングスタジオ:コサエル・クリエイティブスタジオ

協力:バンタンクリエイターアカデミー/茨城県常総市
/茨城県日立市/東京都日野市
プロダクション制作・配給:らんくう

©2023「さよならモノトーン」製作委員会
(K-Network Family/ FRAME LUNCH/ らんくう)